スキンケアの勉強を頑張る!スキンケアの勉強を頑張る!

TOP PAGETOP PAGE > >> 数年前までは気にならなくても、歳を重ねる
数年前までは気にならなくても、歳を重ねる

数年前までは気にならなくても、歳を重ねる

数年前までは気にならなくても、歳を重ねるとともに、肌のシミが気になり初めるものです。鏡を見る度に気になるシミの対策には、漢方をおすすめします。

ただ、漢方の効用はダイレクトにシミに効くというよりも代謝を上げる効果により、シミとなる成分が残らなくなったり、既にあるシミを治す手助けとなるでしょう。



体調が整いますから、漢方はシミ対策と同時に、体調にも効果が期待できるのです。私の母が顔を朝洗う場合、洗顔フォーム類は使用しません。

母は水だけで顔を洗うことにしています。

母は、洗顔のときに石鹸や洗顔フォームを使うと、せっかくの皮脂成分が全部落ちてしまってお肌にとっていいことではないから水だけでかまわないという石鹸不必要説をよく言います。

そんな母のお肌は65歳なのに輝いています。
顔のシミをコンシーラーでごまかそうとして、逆に、シミが目につくようになったことはないでしょうか。
実際、ファンデの選び方として、地肌のカラーより明るいカラーを選択する人が多いですが、シミをわからなくするためにコンシーラーを購入する際、肌より白っぽい色だとシミがさらに際たつでしょう。


コンシーラーでシミをカバーするためには地肌よりこころなしか暗い色を選ぶのがミソです。梅雨ってカビが増えやすい季節ですよね。

人の肌に住んでいる常在菌も、高温多湿という環境下では増えるのが当然でしょう。真菌の一種である、マラセチア菌が原因とされる皮膚に見られる病気で「でん風」と呼ばれるものは、体の部位を選ばず発症します。でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、そこだけ色が抜けたように真っ白になってしまうこともあります。
ただのシミと思わずに、よく観察してみましょう。
少しでも気になることがあるようなら、是非一度、皮膚科へ行ってみましょう。
アトピーの場合は乾燥に起因するかゆみも起こることが多いですから、乾燥肌用の入浴剤を利用したり、保水成分が十分に配合されているスキンケア用品を利用すると良いですね。また、軟水で洗顔したり、体を洗ったりするのも望ましいです。

軟水には肌を刺激する物質が混じっていないので、刺激に敏感なアトピーの人には適当なのです。キメ細かい美しい肌は女性なら誰でも憧れますよね。
美しい肌を保つためには、何より大切なことは保湿です。しっかり潤いを持ち続けている肌はハリのある肌は多少のトラブルもすぐ直ります。



そして、保湿の為に意外と必要といわれるのが、日差しから肌を守ることです。UVは乾燥に繋がりますので、ケアを適切に行う事が大切です。

近頃、肌の衰えが目立ってきたかもしれない、気になる方はスキンケアでアンチエイジングしてみましょうか。

最も効果がある方法は高い保湿成分のある化粧水でお肌に潤いを取り戻すことです。
肌が乾燥するとシワが増えハリは減少しますので、特に、ヒアルロン酸などが配合されている化粧水で、しっかりと潤す事が効果的です。夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから季節の変わり目だと思っています。こういった時期、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。


皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合もたまにあります。



こういう時期ですから、大切な肌のためにスキンケアは入念に行うようにしていますが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとう美容オイルも以前から興味があったので使うことにしました。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが手初めにホホバやココナッツを主に使っています。ご存じないかもしれないですが、顔の他で、思わぬ場所でニキビができやすいところは実は、背中なんです。背中は自分で確認が困難な場所です、背中にニキビができてしまっても、見つけられない場合が多いです。

でも、背中のニキビもケアをしっかりしなければ跡になってしまうかもしれません、注意がいります。ニキビとは皮脂が毛穴を詰まらせて、その中で炎症になっている状態です。
乾燥肌の場合皮脂が少ないから毛穴を詰まらせることがないように思われますが、現実は違います。皮脂の分泌が少ないと肌は湿度が低下しないように皮脂をたくさん分泌します。

その結果として、毛穴に目詰まりが発生してしまってニキビがになるということです。

関連記事




Copyright (C) 2014 スキンケアの勉強を頑張る! All Rights Reserved.