• 乾燥肌の人のクレンジング剤の選び方

    乾燥肌の人は普通肌の人よりも化粧品選びに気を使います。


    しかし、化粧水や美容液、クリームなどは気を使って選んでいる人でも、クレンジングはどれでも同じだと思って適当なものを使っている人が多いのではないでしょうか。
    しかし、クレンジングはスキンケアの中でも、最も肌へ負担をかけるステップなので、クレンジング剤を選ぶ際には注意が必要です。クレンジング剤には、メイクの油汚れや皮脂を落とす為に、合成界面活性剤が含まれています。

    合成界面活性剤が含まれる量が多いほど洗浄力が強いので、メイクの汚れをスッキリと落とすことができますが、皮脂膜や細胞間脂質、NMFなどの肌に必要な潤いまで洗い流す作用も強くなります。

    乾燥肌の人は、合成界面活性剤の量が少ないものを選び、肌の潤いを取り過ぎないよう注意する必要があります。


    汚れやメークとすぐになじみ、簡単に洗い流せるオイルタイプや、軽くふくだけで簡単に汚れが落ちるふき取りタイプなどは洗浄力が強く、肌に負担をかけるので、乾燥肌の人は避けたほうが良いでしょう。
    ミルクタイプやジェルタイプ、クリームタイプなどは比較的洗浄力が弱いので、乾燥肌の人にもおすすめです。

    最新のクレンジングのランキングならこちらのサイトがオススメです。

    また、洗浄力がマイルドなものでも十分に汚れを落とせるよう、普段からナチュラルメイクを心がけることも大切です。

    お手軽のロケットニュース24に関しての関心度が高まっています。

    落としきれないメイク汚れが肌に残ってしまうことも、大きな負担となるからです。



    乾燥肌の人は、化粧水や美容液などだけではなく、クレンジング剤も慎重に選び、乾燥を悪化させないようにしましょう。